司馬遼太郎記念館にて院長

 私は、1959年に慶應義塾大学医学部を卒業しインターン終了後、1961年に慶應義塾大学病院耳鼻咽喉科に入局、その後、慶応大学病院及びその関連病院で、耳鼻咽喉科学を研鑽しながら医学博士号を取得し、1969年に藤沢市善行で耳鼻咽喉科専門医院を開設いたしました。

 開業するに当たり、恩師である故鈴木安恒教授から次のお言葉を頂きました。「今後、君は名医より、良医と評価される医師になるべきである。名医とは医学知識にのみ秀でた医師の事をいう。医学に優れているだけでなく、優しい心と思いやりを持たねば良医にはなれない。」私は、開業以後、恩師の教えを忘れずに良医であるべく努力して参りました。幸い私には、耳鼻咽喉科学を十分に学んだ2人の娘が共に診療していて、2人ともその優しい態度から、患者さんにしたわれております。

 3人の耳鼻咽喉科専門医が分担して診療しているクリニックは少ないと存じます。どうぞ、安心して御来院下さい。

 矢野ゆかり(副院長)挨拶

 私は1988年に北里医学部を卒業、東海大学医学部耳鼻咽喉科に入局して、耳鼻咽喉科学を学びました。その後、大学病院及びその関連病因で実地医療を学びながら、研究を行い耳鼻咽喉科の専門医の資格を取得し、1997年に矢野耳鼻咽喉科副院長に就任いたしました。患者さんの半数近くがお子様です。こどもの患者さんは、自分で症状を的確に表現できないので、ご両親にお話をうかがいながら、治療方法を十分に説明し、優しく接するように心がけております。

矢野さゆり挨拶

 
 私は1996年に東邦大学医学部を卒業し、同大学病院耳鼻咽喉科医局に入局いたしました。その後、東邦大学大森病院、東邦大学佐倉病院、相模原共同病院、湘南鎌倉総合病院で、耳鼻咽喉科学の実地研鑽をつみ、2002年に耳鼻咽喉科専門医の資格を取得いたしました。その後、新川クリニックに勤務しながら、矢野耳鼻咽喉科でも、診療をしております。耳鼻咽喉科医療の内、特にレーザー治療が専門にしていますので、レーザー治療をご希望の方は、お電話をおかけの上ご来院ください。